お知らせ&ブログ

コンサート出演者オーディションについて

「むくの木ホール」がある岸和田市。

岸和田といえばだんじりというイメージが強いのですが・・・。

スタッフMが遠い昔に通っていた「城内小学校」には、合奏クラブという公立小学校には珍し

オーケストラがありました。当時の音楽の先生が、子供達の音楽教育に非常に熱心で、

自腹を切ってまで楽器を揃えてくれました。弦楽器は、主に楽器を習っていた子供たちが皆

に教えるという形でしたので演奏レベルは高くありませんでしたが、毎早朝・毎放課後・時に

は昼休憩や休日の練習が、楽しくて楽しくて~♪ 「クラシック」という堅苦しさも全く感じませ

んでした。ただただ皆と「音楽する」ことが気持ち良くて・・・。他の学校の合唱クラブとの交流

やプロの演奏家との共演など貴重な経験もさせてもらいました。

 

そういう土壌もあってか、現在岸和田市には音楽愛好家のグループがたくさんあります。

そう、実は岸和田はクラシック音楽も結構盛んなのです(^-^)

 

プロの演奏家を目指して勉強に励んでいる若い人達もたくさんいます。

でも、そのほとんどが演奏では食べていけません。演奏する機会さえ少ないのが現状です。

 

音楽が「楽しい」ではなく「つらい」と感じるほどの練習を重ねても、仕事として成り立つ人は

ほんの一握り。裕福なご家庭は、著名な先生のレッスンを受け、海外のセミナーにも参加で

き様々な経験を積めますが、逆に経済的な事情で辞めざるを得ない人も多数います。

城内小学校の音楽の先生のように、心から音楽教育に熱心な先生がもっとおられたら・・・

と思わずにいられません。人の成長は様々で、特に音楽などの芸術は歳を重ねるほど全て

において厚みが増してきます。自分の意に反して、若いうちにあきらめてしまわなくちゃいけ

ないなんて悲しすぎます。

商業ベース的にもてはやされる天才少年・少女の演奏に、人生の重みを感じることができ

るでしょうか。(あくまでも、スタッフMの私見です。)

 

まじめに音楽を勉強されている方々にとって現状は過酷ですが、みなさんに演奏を聴いて

もらうステージを自ら作りだしませんか?

あなたの想いを演奏で表現してください。学歴・経験は一切問いません。

みなさんからの多数のご応募を心よりお待ちしております。

0001 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年05月12日スタッフより

記事にコメントする

※HTMLタグは使えません