お知らせ&ブログ

【コンサート出演者オーディション】審査員の先生方

今日から7月、梅雨明けが待ち遠しくなってきましたね(^-^)

以前からお知らせしていますが、クラシック音楽を勉強されている皆さんに出演

いただく「クローバーコンサート」。第2回の今年は、オーディションを開催し出演

者を選出させていただきます。

そこで今日は、審査いただく3名の先生方をご紹介いたします。

 


金森 重裕氏

京都市立音楽短期大学(現京都市立芸術大学音楽学部)卒業。

大阪市音楽団(現オオサカ・シオン・ウィンド・オーケストラ)でクラリネット奏者、

マネジャーを務め、その後は関西歌劇団、大阪シンフォニカー(現大阪交響楽

団)事務局、大阪アーティスト協会コンサート・マネジャーと音楽現場に従事す

る。近年は、大阪文化団体連合会事務局に奉仕、大阪の文化・芸術の発展に

努めてきた。並行して、相愛大学音楽学部、くらしき作陽大学音楽学部講師を

務め、「社会と音楽」について学生達と学び合った。

現在は、文化コンサルタント、音楽アドヴァイザーとして、各種の審査や相談を

受ける。現公職は、公益財団法人吹田市文化振興事業団理事、岸和田市文

化振興審議会副会長。

 

井上 朗子氏

岸和田市出身。岸和田高校、大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒。

ピティナ指導者賞16回受賞。2007年ピティナ特別指導者賞受賞。

2014ヨーロッパ国際ピアノコンクール優秀指導者賞受賞。

ピティナ岸和田ちきりステーション代表。ピティナコンペション審査員。

日本クラシック音楽コンクール審査員。全日本アールンピアノコンペティション

審査員。ピティナステップアドヴァイザー。ウエクボピアノ教室主宰。

 

山本 裕樹氏

岸和田市出身。岸和田高校、東京藝術大学卒業の後渡米し、インディアナ大学

大学院修士課程を修了。在米中にはメイン州ボーダン音楽祭に全額スカラシップ

として召喚のほか、インディアナ大学大学院では、入学と同時にクットナー奨学金

が授与され、同大レジデンス・クァルテットのメンバーとして活躍。修了時にはオー

ナー・スチューデントの表彰も受ける。

現在、同志社女子大学音楽学科教授として後進の指導にあたるほか、全日本学

生音楽コンクール審査員、(公財)青山財団青山音楽賞選考委員会なども務める。

 

———————————————————————————————————

♪♪井上先生、山本先生は岸和田ご出身で、ご自身の演奏活動のほかに、小さ

なお子さんから後進の指導まで非常に熱心に取り組まれ、音楽教育に貢献され

ています。

また金森先生も、岸和田の文化・芸術の発展に大変ご尽力されています。

そんな3名の先生方が、必ずやエントリーされた演奏者のみなさんの「キラリと光

る魅力」を見出してくださるでしょう。クラシック音楽を勉強されているみなさん、

どうぞ奮ってご応募ください!!もちろん岸和田市以外に在住の方でも結構です。

コンクールではありませんので、「あなたの音楽」・「あなたの楽曲に対する想い」

を存分に聴かせてください。

みなさんの演奏を楽しみにお待ちしております。

0001 (1)

 

2016年07月1日スタッフより

記事にコメントする

※HTMLタグは使えません