お知らせ&ブログ

「関西弦楽四重奏団」①

連休中ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。台風の影響で、予定を変更

せざるを得ない人も多いことでしょう。大阪は今晩あたり通過するようです、大

きな被害がでなければいいのですが。

岸和田では、昨日今日と「だんじり祭り」。朝から、神社にお詣りする「宮入」

という祭りのクライマックスです。現在は嘘のように晴れていますが、午後から

荒れた天候になってくるのでしょう。みなさん、くれぐれもご注意ください。


 

いよいよ秋が深まってきます。

紅葉・食欲・スポーツと楽しみは数多くありますが、音楽を聴くのにも最適な

季節ではないでしょうか。特にクラシック音楽は、なんとなく物寂しい感情に

すっと染み入ってきます。「関西弦楽四重奏団」の弦楽器特有の音色は、心ま

で暖めてくれますよ♪

当日、演奏していただく曲目を少しご紹介しましょう。

 

ディベルティメント二長調 K.136   /  モーツァルト

モーツァルトの初期に作られた室内楽の佳作と言われ、自由で溌剌とした楽し

い曲です。ディベルティメントというのは嬉遊曲という意味で、当時の貴族の

自宅やサロンで気軽に演奏された音楽のことです。どこかで聴いたことがある

という方も多いですし、まずは気楽にお愉しみください。

※第3楽章までありますので、それまで拍手は我慢を・・3楽章が終われば盛

大な拍手をお願いします(^^) 途中で拍手してしまった!という方、大丈夫

です、決して恥ずかしいことではありません。

■弦楽四重奏曲第12番ヘ長調Op.96「アメリカ」より第1楽章 / ドヴォルザーク

スラヴ舞曲や新世界と並ぶ有名な曲です。音楽の授業などで耳にした方も多い

のではないでしょうか。ドヴォルザークがアメリカにいた時に、お世話になっ

た家族の為に書かれた曲だそうです。親しみやすいメロディーと素直な感情表

現が感じられ、スッと心に入ってきます。テーマのメロディーの多くは「ド・

ミ・ソ・ラ・ド」の5つの音が中心になっているようです(固定ドで言えば)。

そのあたりを意識して聴いていただくと、より愛着が湧いてくるかもしれませ

んね(^^)

 

【チケットのご予約】

当ホームページ「チケット予約」画面からお願いいたします。

お電話でも承っております ⇒ 072-493-6929(9:00~17:00)

※ 最寄駅からホールまでの送迎バスが運行します、どうぞご利用ください。

ご不明な点などあれば、ご遠慮なくお電話にてお問い合わせください。

20171014_MukunokiHall

2017年09月17日スタッフより

記事にコメントする

※HTMLタグは使えません