お知らせ&ブログ

「第2回クローバーコンサート」終わりました☆彡

先日の秋晴れの日曜、「クローバーコンサート」を行いました♪

8月のオーディションで選ばれた5組が、満を持して登場です。

 

トップバッターはピアノの藤井夢音さん。

彼女はオーディションでは、ドビュッシーの「喜びの島」を演奏しましたが、今回はリスト

「ハンガリー狂詩曲 第12番 嬰ハ短調」という情熱的で力強い難曲を選ばれまし

た。ハンガリー独特のリズムとメロディーを奏でながら、一つの大きな流れを表現されて

いて素晴らしい演奏でした♪

%ef%bc%92%e5%9b%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e2%91%a0

 

次の登場はフルートの柿本夏奈さんです。(ピアノ:東山洸雅さん)

彼女もオーディションの演奏曲と変えてきました。

以前よりとても演奏したい曲でありながら躊躇してきたという、シューベルト「しぼめる花」

の主題による序奏と変奏曲 D802に挑戦です。

歌曲集の「しぼめる花」を主題とした序奏と7つの変奏からなる曲を歌心いっぱいに演奏

されました。

2%e5%9b%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e2%91%a1

 

1部最後の登場は、ピアノの今野真衣さんです。

スクリャービン「ピアノソナタ 第2番” 幻想”」を演奏されました。

オーディション時より更に素晴らしい演奏で、波が打ち寄せるような激しさと深い闇のよう

な、スクリャービンが感じたであろう「海」の世界観をたっぷりと聴かせてくれました。

2%e5%9b%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e2%91%a2

 

2部はピアノの原由莉子さんからスタートです。彼女はまだまだ若いのですが、今回の

出演者の中では一番お姉さんということで、コンサートの進行やMCなどを率先して考え

メンバーを引っ張ってくれました。

演奏曲はベートーヴェン「告別」です。衰えてゆく聴覚と向き合うベートヴェンが、尊敬する

ルドルフ大公に向けて作曲された曲ですが、叙情性をよく表現され、聴衆の目と耳を惹き

つける演奏でした。

2%e5%9b%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e2%91%a3

 

コンサートの最後は「木鍵弓」の3人です。

クラリネットの萬代太紀さん・チェロの芝内あかねさん・そして急遽出演となったピアノの

田宮緋紗子さん。演奏曲はムツィンスキー「ファンタジートリオ 作品26」です。

都合により急遽出演となった田宮さんでしたが、非常に息のあったトリオを聴かせてくれま

した。まさにファンタジーのような楽しい旋律のハーモニーや、うきうきするようなリズムに

魅了されました。

2%e5%9b%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e2%91%a4

 

全員の演奏を終えたあと、お客さまの温かい拍手がなりやまないなか、アンコール演奏♪♪♪

今回の編成に合わせ全員で演奏できる曲をということで「くるみ割り人形」から抜粋した数曲を

出演者達が用意してくれていました。

最後の「花のワルツ」だけは、西村拓真さん編曲のスペシャルバージョンです。

2%e5%9b%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e2%91%a5

 

出演者のみなさん、緊張しながらも立派な演奏を披露してくれました。本当にお疲れさま

でした。非常に厳しい音楽の道ですが、あきらめずに歩み続けてください!!

そして、また「むくの木ホール」で演奏していただける日を楽しみにしています。

2%e5%9b%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e2%91%a6

 

今回、温かく見守るように熱心に耳を傾けていただいたお客様、本当にありがとうござい

ました。また、関係各者の方々には心より感謝申し上げます。

今後とも、若い彼らを応援、また叱咤激励をいただければ幸いです。

 

2016年11月19日イベント

記事にコメントする

※HTMLタグは使えません

♪新しい記事

♪新しいコメント

♪カテゴリ

♪アーカイブ